吉祥寺で評判の歯医者!吉祥寺駅から徒歩3分の歯医者、平日は夜22時まで、土日祝も19時まで診療受付中。

チャーミーデンタルクリニック

午前10:00から受付 ご予約・ご相談はこちらから
tel0422-22-5932

チャーミーデンタルクリニックについて

【 院長コラム - 01 : 入れ歯(義歯)】
あなたに合った、入れ歯(義歯)とは? 保険と自費の義歯の違いについて。

COLUMN VOL.001

  • 義歯
  • 入歯

虫歯や歯周病、外傷による歯の破折などで失われた部位を補う方法のひとつが義歯です。
義歯は、1本の歯を失った状態からすべての歯を失った状態、と幅広い症例に対応することができます。
一般的には、義歯と言うと入れ歯をさします。入れ歯(義歯)装着による「改善されるポイント」と「留意点」についてご説明します。

義歯を装着する目的としては、

  1. 1.審美改善:失った部位を補うことでの見た目の回復。
  2. 2.発音改善:息のもれを防ぎ、正しく発音が可能となります。
  3. 3.摂食嚥下(せっしょくえんげ)機能の回復:摂食嚥下(食べ物を口に入れたり、飲みこんだりすること)しやすくなります。
  4. 4.身体バランスの維持:かみしめが可能となり転倒防止にもなります。

但し、いずれも義手や義足等と同様、ある程度のリハビリも必要なケースもあります。また、歯を失った後の土手(顎堤)は個人により様々な形態があり、また失われた部位やもともとの咬み合わせ、食生活や習癖などで、その予後は左右されます。
具合の良い義歯を使われている方に、歯を抜いて義歯にすると快適と勧められたと言うお話を聞きますが、上記の理由で個人差はありますのでその点は十分ご理解を頂きたいです。
当院では、個々の患者様のお口の状態を見ながら、丁寧に診察し、最良のご提案をさせていただきます。

入れ歯(義歯)の素材や装置には、保険適用の場合と、自費による義歯があります。
その違いをご説明いたします。

1.保険の義歯

歯を失った部分はプラスチックで、部分義歯の場合は、残りの歯に金属製のバネ(支台装置)をつけ、安定を図ります。素材がプラスチックのため、1.5ミリ程度の厚みが必要であること、また熱を遮断することで異物感はあります。症例によっては金属バネが見えてしまうことによる審美障害もあります。

2.自費の義歯

歯を失った部分の一部を金属で製作可能なため、薄く仕上げる(保険の義歯の半分以下の厚み)ことが可能です。また、金属は熱を伝えることも違和感を減少する要因です。
また、磁石や弾力性のあるプラスチック、インプラントなどを併用することで金属バネの見えない異物感の少ない義歯設計が可能です。

最後に、義歯は人工物ですが、毎日の使用での劣化による修理や調整の必要は出てきます。定期健診でのチェックが非常に大切です。健やかに快適に入れ歯(義歯)を保つことのできるよう、定期的な受診をお願いいたします。

入れ歯(義歯)についてご検討の方、お悩み・疑問などがございましたら、一度ご相談ください。

ご予約・ご相談はこちらから TEL 0422-22-5932(午前10:00から受付しております)